坂ノ下ノオリゼ 根津

「根津」駅近くの不忍通り沿いにある「坂ノ下ノオリゼ」は、谷根千を散策する観光の人々や、根津周辺で働く人々に幅広く愛されている、カジュアルスタイルのカフェである。ランチタイムには千円以下のセットメニューを日替わりで数種類取り揃え、その内容も焼き魚、ハンバーグ、チキンカツ、タコライスなどさまざま。午後にはケーキとコーヒーを楽しむご婦人方の姿も多い。

店の外観

ただしそれは昼間だけの仮の姿。この店は夜になると装いを一変し、日本酒を主役に据えた日本酒バルになる。ほとんどすべての客が日本酒をオーダーするという、なかなかにマニアックな店だが、店の雰囲気は昼間と変わらずフレンドリー。女性独りでも気兼ねなく入れるはずだ。

店内の様子

店内の様子

店を営むのは下田さんご夫妻。夫婦そろって日本酒が大好きで、かつては休日のたびに全国の蔵元を訪ね歩き、「日本酒が美味しい店がある」と聞けばどこにでも出向いていたという筋金入りだ。もともとはふたりとも飲食とは無縁の職場で働いていたが、「いつか夫婦でなにか店を持ちたいね」という夢を持っており、それが時を経るごとに「日本酒の店をやりたいね」と変わっていった。満を持してこの店をオープンさせたのは、2018(平成30)年のことだ。

「いまは蔵元も代替わりをしたりして、デザインもユニークで、もちろん味もとっても美味しい日本酒が、全国各地にあるんです。そういうお酒があることを少しでも多くの方に知っていただきたいと思って、カジュアルな雰囲気の店にしています。宝探しをするような感じで気軽に、日本酒を始めてみてほしいですね」と下田さん。もちろん、夜のメニューはまず「日本酒ありき」で揃えているという。

日本酒

坂ノ下ノオリゼ 根津

ところがメニュー表を見てみると、ピザ各種やチーズ盛り合わせ、アヒージョ、キッシュなどから始まり、「タラとジャガイモのクロケット」や、「ホタテのカルパッチョ」「マグロテールステーキ醤油バター焼き」「ローズマリー・マスタードチキン」といった、「これって日本酒に合うの?」というメニュー名がズラリと並んでいる。「コロッケなんて絶対に日本酒と合わないと思いますよね? でも、これが合うんですよ。もちろん、家で普通のコロッケと合わせても美味しいはずです。そういう提案も兼ねた店なので、気軽に日本酒を楽しんでいただければ嬉しいです」。

マグロテールステーキ醤油バター焼き

タラとジャガイモのクロケット

ホタテのカルパッチョ

確かに、この店のメニューには家庭的な料理が多い。とはいえ、素材の吟味にはこだわりを持っており、特に魚介類は豊洲市場まで直接出向いて買い付けているそう。そういう本物志向の姿勢が、ファンを魅了してやまないのだろう。ちなみに、魚の中から一番人気を挙げるとしたら、「やっぱり天然本マグロの刺身でしょう」とのことだ。

天然本マグロの刺身

肝心の日本酒についても本物志向は貫かれている。100種類以上揃えている日本酒は、すべて利酒師の資格をもつ店主がテイスティングして仕入れた銘柄。それらを冷蔵ケースに入れて丁寧に管理している。ほとんどを小さなボトルで置いているのも、鮮度を最重要視した結果だ。

100種類以上の日本酒

もちろん、ご夫妻に尋ねれば日本酒の選び方や、おすすめの銘柄なども教えてくれるので、初心者でも臆する必要はない。初めて訪れるのであれば、まずは数種類の銘柄を比較しながら楽しめる「利酒(ききざけ)セット」をオーダーするのも良いだろう。店の一押しは「風の森」という奈良県のお酒。微発泡酒なので栓を開けたばかりの時には爽やかなのどごしを、少し時間が経てばまろやかな味わいを楽しめるという、一つで二度おいしいお酒だ。

昼は気軽にカフェ感覚で利用でき、ディナーには全国各地の銘酒も楽しめる「坂ノ下ノオリゼ」。「日本酒には興味があるんだけれど、なんだか敷居が高い気がして…」と思っている人はぜひ一度、この店を訪れてみてほしい。

坂ノ下ノオリゼ 根津
所在地:東京都文京区根津2-12-4 儀間ビル1F
電話番号:03-5834-7661
営業時間:
月・水~土曜日、祝前日:11:00~23:00(料理L.O. 22:00、ドリンクL.O.22:30)
日、祝日:11:00~21:00(料理L.O.20:00 ドリンクL.O.20:30)
ランチ:11:00~14:00、昼呑み:14:00~17:00、ディナー:17:00~23:00、カフェ:11:00~23:00
定休日:火曜日
https://sakanoshitano-oryzae.owst.jp/

読み込み中




PAGE
TOP