三囲神社

三囲神社
三囲神社

隅田川のほとりに建つ「三囲(みめぐり)神社」。社名は平安時代初期、僧侶が地中の壺から白狐にまたがる神像を得ると、白狐が現れ、神像の回りを三度回って消えたという故事に由来する。1693(元禄6)年の干ばつ時には、俳人・宝井其角が雨乞いの句を詠んで奉納すると翌日大雨が降ったといい、その霊験は江戸中に広まったという。「囲」の文字が「三井を守る」と考えた伊勢の豪商・三井家は、江戸における守護社と定めて代々崇敬。境内の一角には、没後100年を経た三井家当主たちの霊を祀る「顕名霊社」もある。

三囲神社
所在地:東京都墨田区向島2-5-17 
http://visit-sumida.jp/spot/6087/





PAGE
TOP