隅田川

「隅田川」と言えば、何と言っても「江戸」を象徴する川。古くは墨田川・角田川とも書き、江戸時代には大川・浅草川とも呼ばれて物流の中心や庶民の憩いの場として大事な役割を担っていた。古典文学や歌舞伎、能にも多く登場している。川岸は桜の名所であり、春には多くの人々で大賑わい。夏には江戸中期から続く「隅田川花火大会」が開かれ、約2万発の花火が打ち上げられる。冬には忘年会の屋形船なども行き来し、季節折々の姿で .....




PAGE
TOP