両国国技館

1909(明治42)年6月、「回向院」境内に建てられた日本初のドーム型屋根をもつ大相撲常設館、これが「両国国技館」のはじまりである。その後、1985(昭和60)年1月には「新両国国技館」が完成。現在興行が行われている場所はここである。館内には「相撲博物館」も併設。ここでは、相撲の歴史を紹介しているので観戦の後に立ち寄ってみてはいかがだろうか。両国国技館 所在地:東京都墨田区横網1-3-28&nbs .....


PAGE
TOP