カマルプール

カマルプール

「カマルプール」は、南インド料理の名店で勤めていた日本人オーナーが北インド料理の要素を取り入れ、独自のセンスで生み出した料理店。テレビドラマ『孤独のグルメ』でも登場しただけあって、ありきたりなインド料理ではない、癖になる逸品揃いだ。

カマルプール

ランチタイムは午後2時がラストオーダーだが、それまでひっきりなしにお客さんが訪れる。ランチは3種類のカレーから選ぶことができて、ナンを「チーズクルチャ」に変更することも可能だ。ランチタイムは常連さんまたは2度目以上のお客さんが多いようで、ランチのカレーは3種類でオーダーに、そしてナンは、「チーズクルチャ」に変更する人が圧倒的に多い。

カマルプール

確かに「チーズクルチャ」は、生地の中にチーズがぎっしりと入っていてほのかにガーリックの味がして、うま味たっぷりの1枚だ。

カマルプール

また、「鴨肉のタンドール焼き」が有名な「カマルプール」だが、「タンドーリミックス」は、2種類のタンドーリチキンの盛り合わせで、スパイシーなオレンジ色のタンドーリと、ガーリックがしっかりと効いた白いタンドーリだ。両方を交互にいただけば飽きずに、食欲がさらに増進される。

カマルプール

タンドーリなどアラカルトのカレーはディナータイムのみとなるが、「レバーとハツのグリル」や、「ラム肉のクミン焼き」「名物 鯖のカレー」「カキチャーハン」など、「カマルプール」ならではの珍しい料理が味わえる。ディナーは、インドビールをお伴にバリエーション豊かなアラカルトが楽しめる。日本人オーナーによる至極のインド料理をゆったりと味わいに訪れてみてはいかが。

カマルプール
所在地:東京都江東区東陽3-20-9 鈴木ビル 1F 
電話番号:03-5633-5966





PAGE
TOP