豊洲市場

「豊洲市場」は、1935(昭和10)年に開場した築地市場(場内市場)の後継となる市場で、かつての豊洲埠頭一帯、ゆりかもめ「市場前」駅周辺の約40ヘクタールの巨大市場。水産卸売場棟、水産仲卸売場棟、青果棟、管理施設棟からなり、高度な品質・衛生管理や効率的な物流を実現する首都圏の基幹市場となっている。「築地市場」が果たしてきた生鮮食料品の流通の円滑化と価格の安定という機能に加え、食の安全・安心の確保、 .....




PAGE
TOP