深川神明宮

深川神明宮

「深川神明宮」は、この一帯を開拓した摂津国出身の深川八郎右衛門が、1596(慶長元)年に伊勢神宮の分霊をお祀りするために建てた神社である。深川地区最古の神社で、地名の「深川」の由来にもなっている。境内には深川七福神のひとり、寿老神も祀られている。

3年に一度の例大祭は、氏子の12町から担ぎ出される神輿の担ぎ手に、「高橋のらくろ~ド(高橋商店街)」の沿道からお浄めの水がかけられる勇壮な祭りであることから「水掛祭」とも言われている。

深川神明宮
所在地:東京都江東区森下1-3-17 
電話番号:03-3631-5548
http://www.fukagawa-shinmei.com/





PAGE
TOP