手打蕎麦 ちりん

「おいしい手打蕎麦とお酒、気の利いたつまみを、遅めの時間までカジュアルに楽しんで欲しい」江戸時代、居酒屋の役割を担っていた街場の蕎麦屋の姿を、今の感性で形にしたのが「手打蕎麦 ちりん」だ。 「武蔵小山」駅を出て、飲食店が軒を連ねる通り沿いにある、長屋風のクラシックな外観が印象的な同店。店内は、ふらっと立ち寄れるカウンターが11席並ぶ1階、カップルやファミリーにおすすめのテーブル席の2階という造りに .....




PAGE
TOP