手打蕎麦 ちりん

「おいしい手打蕎麦とお酒、気の利いたつまみを、遅めの時間までカジュアルに楽しんで欲しい」江戸時代、居酒屋の役割を担っていた街場の蕎麦屋の姿を、今の感性で形にしたのが「手打蕎麦 ちりん」だ。

「武蔵小山」駅を出て、飲食店が軒を連ねる通り沿いにある、長屋風のクラシックな外観が印象的な同店。店内は、ふらっと立ち寄れるカウンターが11席並ぶ1階、カップルやファミリーにおすすめのテーブル席の2階という造りになっている。春には窓から桜を楽しむことができ、1階席・2階席ともに木の温もりが優しい、落ち着いた雰囲気が漂う。

 手打蕎麦 ちりん 外観

 手打蕎麦 ちりん 看板

メインメニューは細めの手打ち「二八蕎麦」で、喉ごしと風味は抜群。蕎麦本来の香りや味わいが楽しめ、食事にも酒の〆にも合う絶品だ。せいろ蕎麦や温かい蕎麦など、“蕎麦”ひとつとっても選択肢が豊富で、店に足繁く通う蕎麦ファンが多いことにも頷ける。

細めの手打ち蕎麦

テーブル席

一品料理では、居酒屋定番の「だし巻き卵」や、人気の「炙り厚揚げネギトロだれ」をはじめ、「まぐろぶつ青唐醤油和え」や「あぶりかにみそ」など、本格的な海鮮料理がチョイスできる点も魅力。「豊洲市場」で仕入れた海鮮を使った料理は、折り紙付きで、酒との相性も完璧。箸と酒が進んでしまうこと必至なので、飲みすぎには要注意だ。

一品料理「だし巻き卵」

一品料理「炙り厚揚げネギトロだれ」

酒は生ビールや日本酒はもちろん、蕎麦湯割、芋焼酎、ワインなども豊富に取り揃えており、酒好きも納得の品揃え。店内に流れるモダンなBGMとともに食事や酒を楽しみ、至福のひと時を過ごしてみてはいかがだろう。

カウンター席

店内の様子

営業時間は午後6時から深夜1時までと、仕事帰りに立ち寄ってもゆっくりと食事できるのも嬉しい限り。金~日曜日はランチ営業も行っているので、ファミリーの食事スポットとしてもおすすめだ。蕎麦屋であり、バーでもあり、居酒屋でもある「手打蕎麦 ちりん」。一人で来ても友達同士で来ても気軽に楽しむことができる、新しい形の蕎麦屋と言えよう。古き良き街の姿と、新しい開発が同居する武蔵小山エリアに相応しい名店だ。今宵も多くの客でにぎわうことだろう。

手打蕎麦 ちりん
所在地:東京都品川区小山3-5-20 
電話番号:03-3719-3778
営業時間:18:00~翌1:30(金・土・日・祝日は12:00~15:00、18:00~翌1:30 ※L.O.翌1:00)
定休日:年始
http://www.soba-bar.com/chillin.html





PAGE
TOP