旧東海道(立会川付近)

旧東海道(立会川付近)

江戸の昔から東西交通の要道であった、旧東海道。品川区内には各所に旧東海道を往来した人々の賑わいを伝える旧跡が残っている。立会川付近あたりにはかつて、土佐藩の下屋敷と、土佐藩が築いた日本防衛のための砲台があり、若き日の坂本龍馬は現在の立会川商店街沿いにあった下屋敷に滞在していたことがある。

道沿いには昔ながらの建造物や商店などが残り、道中にある休憩施設では昔の品川宿界隈を写した貴重な写真が見られる。

旧東海道(立会川付近)
所在地:東京都品川区南大井1-4 ほか 





PAGE
TOP