浜川砲台跡

浜川砲台跡

江戸の昔から東西交通の要道であった旧東海道が通る品川区。立会川付近には、土佐藩の下屋敷があったことから、幕末期に活躍した土佐藩士・坂本龍馬にゆかりのある史跡が残されている。「浜川砲台跡」は、若き日の龍馬が土佐藩に命じられて警護にあたった砲台の跡。

浜川砲台跡

跡地には近年発見された、砲台の敷石の一部が並べられている。付近は戦後、開発のために埋立が進み、往時の面影はほとんどないが、かつては東側に海岸が迫っていたと言われ、案内看板には「ペリー艦隊黒船が見える」の文字が。

浜川砲台跡
所在地:東京都品川区東大井2-27 





PAGE
TOP