PAVILION(パビリオン)

中目黒の高架下にひろがるLOVEとARTをテーマにした非日常の食空間「PAVILION(パビリオン)」。2016(平成28)年11月のオープンより、まだ見ぬ新しい〈食〉のスタイルを提案し続けている中目黒ならではの個性が際立つ注目のお店だ。

PAVILION(パビリオン)

PAVILION(パビリオン)

“食べるスープの専門店”として首都圏を中心に展開する「Soup Stock Tokyo」を生み出した株式会社スマイルズが運営するお店で、訪れた人に衝撃と気づきを与えてくれる。

PAVILION(パビリオン)

テラス席を含む全70席のひろびろとした店内の最大の特徴は、同店のために制作されたというアート作品たち。宙空に浮かぶオートバイのベスパや、光を内側に秘めた真っ黒なミラーボール、電車の通過音に反応する行灯と、まるで現代アートの美術館を訪れたかのような非日常空間が広がっている。

PAVILION(パビリオン)

また提供される料理も、特注の煉瓦窯で焼き上げる窯焼き肉をはじめ、黒毛和牛に生ウニを添えて発酵バターのソースでいただくひと品や、直径10cmもあるジャンボマッシュルームのポットベラを生のままいただくサラダなど、独創的な料理スタイルが感性を刺激する。

PAVILION(パビリオン)

PAVILION(パビリオン)

備長炭で焼き上げる窯焼き肉の「3種盛り合わせ」(3,300円)は、黒毛和牛の内ももと銘柄豚の肩ロース、ハーブが香る若鶏のもも肉を組み合わせた豪快なひと皿で、見た目のインパクトとは対照的に遠赤外線効果により外はカリッ、中はジューシーな肉本来のもつ美味しさを堪能できる。

PAVILION(パビリオン)

食事を終えた後はカウンター席に移動して、日本チャンピオンに輝いたこともあるバーテンダーのカクテルを楽しめるのも同店ならではの楽しみ方。ジンベースのスタンダードカクテルはもちろん、中目黒を代表するドリンク・レモンサワー、旬の果物を使ったフルーツカクテルやオリジナリティあふれる秀逸なカクテルを楽しむことができる。

PAVILION(パビリオン)

ARTと〈食〉の親和性を感じながら過ごすひとときはまさに格別で、訪れるたびにその心地良さに浸っていく感覚もまた愉快だろう。

PAVILION(パビリオン)

より深く同店の魅力に触れたい方は、PAVILION専用の通貨「ROMAN(ロマン)」を手にしていただきたい。「ROMAN」でしか出会えないメニューやお酒、サービスが多彩で、同店の掲げるLOVEというコンセプトにもある“誰かと誰かのキョリを近づけたい”という思いが込められたチャーミングなシカケが満載だ。まだ見ぬ扉の先にいったいどんな世界が広がっているのか、ぜひ一度訪れてみては。

PAVILION(パビリオン)

PAVILION(パビリオン)

PAVILION(パビリオン)
所在地:東京都目黒区上目黒1-6-10 
電話番号:03-6416-5868
営業時間:月~木曜日18:00~24:00(L.O. 23:30)、金曜日18:00~翌2:00(L.O. 翌1:30)、土曜日、祝日17:00~翌2:00(L.O. 翌1:30)、日曜日17:00~23:00(L.O.22:30)、
※日によって変動あり
定休日:無休
http://www.pavilion-tokyo.com/





PAGE
TOP