田園調布旧駅舎

「田園調布」駅は、1923(大正12)年、「目黒蒲田電鉄」の目黒から丸子間の開通と同時に開業した。当時の駅名は「調布」駅だったが、1926(大正15)年に現在の「田園調布」駅に改称された。 田園調布は、渋沢栄一氏によって、田園地域の自然環境と都市の利便性を兼ね備える「田園都市」という理想のもと、人口の過密化が進む東京の郊外に優良な住宅地を供給することを目的に開発が進められた場所だ。 名駅舎として知 .....




PAGE
TOP