六郷水門

六郷水門
六郷水門

多摩川の河口に位置する「六郷水門」は、1931(昭和6)年に誕生した、れんが造りの建造物。このあたりの生活のよりどころともなっていた六郷用水の排水処理施設として活躍した。

一説にはドイツの神智学者・シュタイナーが設計したと言われているが、確定的な資料は残っていない。しかし、それもうなずけるようなモダンな建物は、往時の面影を残している。

「六郷水門」はハゼやテナガエビなどのフィッシングポイントとしても有名。家族で竿を持ち、のんびりとした時間を過ごせば、帰り際には夕食のおかずになるくらいの獲物を持ち帰れるかもしれない。

六郷水門
所在地:東京都大田区南六郷2-35 
電話番号:03-3777-1070(郷土博物館)
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/re..





PAGE
TOP