美原通り

美原通り
美原通り

江戸時代の大森には、江戸と京都を結ぶ重要な交通路「五街道」が通っており、参勤交代の大名も商人も旅人もこの道を通っていた。昭和に入り第一京浜道路が整備された後、大森周辺において「三原通り」と呼ばれた旧東海道は、「美原通り」と名称を変え、当時の道幅を残したまま利用されるに至った。もともと商店街として発展していたために残された経緯があり、旧東海道の面影を残すこの通りは、道沿いに個人商店や小売店などが多く軒を連ねている。

美原通り
所在地:東京都大田区大森東1 など 



PAGE
TOP