レ・アルかきぬま

十数年前に拡張した広い店内
十数年前に拡張した広い店内

京浜急行「梅屋敷」駅から徒歩4分ほど、「ぷらもーる梅屋敷商店街」の中にあるひときわお客さんの出入りの激しい商店がある。1950(昭和25)年創業の八百屋「レ・アルかきぬま」である。「いらっしゃーい!お安くしとくよー」「ただいま惣菜できたてー」と威勢の良い掛け声が響く店内は、いかにも下町の活気あふれる商店といった趣き。TBS系列のテレビ番組「朝ズバッ!」などメディアでも多数紹介された、地元で愛されている名店である。

大田市場で仕入れた野菜や果物が所狭しと並ぶ
大田市場で仕入れた野菜や果物が所狭しと並ぶ

店頭にずらりと並ぶ野菜やくだものは見るからに新鮮でツヤツヤと輝いている。青果物だけでなく豆腐やたまご、調味料、レトルト食品、ドリンク類、お菓子、自家製のぬか漬けや惣菜各種まで幅広い商品が所狭しと並んでおり、必要な食材をこの一店舗で全て買い揃えることができる。

豆腐は一丁35円~、たまご1パック170円~と驚きの安さを誇る
豆腐は一丁35円~、たまご1パック170円~と驚きの安さを誇る

「レ・アルかきぬま」の経営は戦後間もなくの創業以来ずっと一家総出で行われており、長男夫婦が果物担当、次男夫婦が野菜担当、といった具合の分業体制だ。自家製惣菜の担当はお料理の講師でもある長女だというから、味のクオリティの高さにも納得がいく。公式ウェブサイトでは、美味しい漬物の漬け方や野菜を使った料理のレシピなど青果店ならではの豆知識も色々と紹介されており、一度のぞいてみる価値がある。地方発送も受け付けているので、遠方に引っ越してからもリピート買いする常連さんが多いそうだ。

スーパーマーケットに引けを取らない品揃えの豊富さが自慢
スーパーマーケットに引けを取らない品揃えの豊富さが自慢

レ・アルかきぬま
所在地:東京都大田区大森西6-12-18 
電話番号:03-3761-6894
営業時間:9:00~20:00
定休日:日曜日、祝日
http://www.interq.or.jp/tokyo/kakinuma/





PAGE
TOP