駒沢給水塔

駒沢給水塔

「駒沢給水塔」は1924(大正13)年、当時の渋谷町(現在の渋谷区)に多摩川の水を送るために作られた水道施設。給水塔は1号塔と2号塔があり、高さはそれぞれ30m。その2つの塔はトラス橋で結ばれている。塔の外観には西洋風の装飾が施されており、首都高速3号渋谷線からも見えるその特徴的な姿から「丘上のクラウン」と呼ばれていた。

駒沢給水塔

関東大震災(1号塔建設中に発生)、第二次世界大戦の空襲の被害を奇跡的に免れ、1999(平成11)年まで現役の給水施設として使われていたが、現在では震災時の応急施設となっている。

駒沢給水塔
所在地:東京都世田谷区弦巻2-41-5 
電話番号:03-5432-2818(世田谷総合支所地域振興課)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/1..





PAGE
TOP