板蕎麦 山灯香(さんとうこう)

板蕎麦 山灯香(さんとうこう)

本格派の蕎麦店と言えば、どことなく昼のイメージが強いものだが、深夜でも多くの店が営業する三宿においては、その常識は当てはまらない。今回ご紹介する「山灯香」は営業時間が17時から早朝4時半までという異色の蕎麦店で、深夜24時を回ったころに、行列ができることもあるという“深夜の繁盛店”のひとつだ。

板蕎麦 山灯香(さんとうこう)

三軒茶屋駅から徒歩8分ほど、国道246号沿いに静かにたたずむこの店は、暗めにライトダウンされた店内に、重厚なテーブルと美濃焼の椅子、シックなジャズが流れるというモダンな蕎麦店の雰囲気が漂い、伝統的な蕎麦店の風合いを残しながら、あらゆる年代に訴求力のある店となっている。この店の場合、中心となる客層は30~40代。普通の蕎麦店と比べると格段に年齢層が下がり、若者の蕎麦ファンも多く訪れるそうだ。

1 2 3 4 




PAGE
TOP