世田谷区立砧図書館

毎週開催! 親子で楽しめる4つの「おはなし会」

世田谷区立砧図書館の外観

祖師ヶ谷大蔵・成城学園前の両駅から徒歩約7分。小田急線沿いに建つ「砧図書館」は、蔵書約8万2000冊と、世田谷区の15の図書館のうち中央図書館に次ぐ規模を持つ館だ。地下1階、地上2階建ての単独館で、地下には集会室や対面朗読室、飲食可のくつろぎコーナーを完備。この自由なスペースを利用して、毎週の「おはなし会」や年に一度の「としょかんまつり」など、子どもたちが喜ぶ多彩なイベントが開かれている。

多くの児童書が並ぶ

祖師ヶ谷大蔵は”ウルトラマン”発祥の地

1階の入り口近くに並ぶのは、身近な暮らしをテーマにした本と小説書。祖師ヶ谷大蔵がウルトラマン発祥の地であることから「ウルトラマンコーナー」も設けられており、子どもたちはもちろん、お父さんたちの中にも、図書館へ来たらまずここへ立ち寄るという人も多い。2階は一般図書と子ども向けのコーナー。一角には、靴を脱いでゆっくり過ごせる絨毯敷きのコーナーがあり、窓の向こうを走る小田急線の電車を見ることもできる。

おはなし会は親子に大人気

毎週水曜日と月1回日曜日は、ボランティアさんたちによる「おはなし会」の時間だ。第2・4水曜の午前は、2歳前後の子どもたち向けで、わらべ歌に合わせて歩いたり、体を動かしたりする「わらべうた」。親子一緒にゆったり寛げるのが人気で、多い時には30組60人もの参加がある。第1・3水曜の午前中の0~1歳の赤ちゃん向け「おひざでだっこ」、水曜午後の年少・年中さん向けの「こだぬき」、日曜日の年長さん~向けの「きぬたぬき」もおすすめだ。

マスコットである「きぬたぬき」

最近導入された自動貸出機

また毎月1回の利用者懇談会を通じ、地域で子どもと本に関わる活動をする団体代表と意見交換し、一緒にイベントなどを運営しているのも、同館ならではの取組み。毎年秋に開かれる、利用者懇談会主催の「きぬたとしょかんまつり」では、おはなしに折り紙、切り紙、工作、絵本作家を招いての講演会など、大人も子どもも楽しめるイベントがいっぱいだ。このほか年間行事として、「手遊び講習会」や「わらべ歌講習会」などもあるので、興味があればこちらもぜひ参加してみてほしい。

※この情報は2019(令和元)年5月時点のものです。

世田谷区立砧図書館
所在地:東京都世田谷区祖師谷3-10-4 
電話番号:03-3482-2271
開館時間:9:00~19:00(月曜日、祝日、12/28、1/4は17:00まで)
休館日:第2木曜日、年末年始、特別整理期間
https://libweb.city.setagaya.tokyo.jp/ma..





PAGE
TOP