蘆花恒春園

「蘆花恒春園」は、「不如帰(ほととぎす)」などの作品で知られる明治・大正時代の作家、徳富蘆花が後半生を過ごした家と夫妻の墓地を整備した公園。東京都の史跡に指定されている。環八通りに沿う武蔵野の緑を色濃く残した敷地は、蘆花の没後十周年忌に夫人が寄贈したことを受けて、東京都がその景観を保持したまま整備し、一般公開した。園内では、蘆花が好んだとされる花が地元ボランティアと小学生の協業によって美しく咲き、 .....




PAGE
TOP