世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

戦後まもなく成城2丁目の閑静な住宅街に住居兼アトリエを構えた洋画家で立体作家の清川泰次。自分の財産を芸術や文化の振興に役立ててほしいと望んだ彼の遺志により、遺族から作品・建物・土地の寄贈を受けた世田谷区が整備して開館したのが「世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー」だ。館内では、清川の作品はもちろん、世田谷区にゆかりのある芸術家の作品も展示。区民が芸術活動を発表できる場として区民ギャラリーも運営 .....




PAGE
TOP