野川緑道

野川緑道

国分寺市恋ヶ窪を起点に、世田谷区内を流れて多摩川に注ぐ「野川」。武蔵野の森の面影が残る「神明の森みつ池」と国分寺崖線が残る辺りの対岸にあたる部分は、総延長約700mにわたり、歩行者・自転車共存型の遊歩道「野川緑道」が整備されている。緑道に沿って、サクラやユキヤナギなどが植樹され、電車基地の屋上部分に整備された「きたみふれあい広場」も近い。通りかかる人々に一年を通して自然のいろどりを提供するほか、川や水田、湧水池などもあり、飛来する野鳥の観察ポイントとなっている。

野川緑道
所在地:東京都世田谷区喜多見9-25先 
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/k..





PAGE
TOP