駒留八幡神社

駒留八幡神社

環七通り(都道318号)と世田谷通り(同3号)が交差する若林交差点からほど近いところにある、「駒留八幡神社」。都心にありながら緑の多い神社として親しまれている。

源義家が前九年の役の時にこの地で駒を留め、塚に祈願したことからその名が由来する神社として知られている。創建年代は1308(徳治3)年といい、700年あまりの歴史を刻んできたことになる。その社殿や数々の祠などは、歴史を感じさせてくれる風情のあるものが並ぶ。秋に催されるお祭りの時には、多くの人でにぎわう。

駒留八幡神社
所在地:東京都世田谷区上馬5-35-3 





PAGE
TOP