カレー&バー スペキエ

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

西永福の北口側、商店街から脇道にちょっと入った場所に、2011(平成23)年5月に誕生した新しい店「スペキエ」はある。この店は元の綴りで表記すれば「specie」。古代ラテン語で「スパイス」の意味になるそうだ。

その名前の通り、スペキエの一番の自慢メニューはカレーライス。濃厚でリッチで、しかもピリッと辛く香り高く、他のどこのカレー専門店でも出会えないような個性がある。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

この店を営んでいる後藤さん夫妻は、ご主人が大のカレー好きで野球好き。奥様は接客が大好きなフレンドリー美人。ご主人は生まれ育った実家では幼少の頃からスパイスを自家ブレンドした本格派スリランカカレーを食べていたそうで、それが当たり前という環境で育った。数年前までは北海道で社会人野球の選手として活躍していたそうだが、引退して帰京後、「カレーだけは誰にも負けない」と持ち前の根性を発揮。大手カレーチェーン店で経営のノウハウを学びつつも、その裏では自身のカレー店を持つためのスパイスの研究を重ねていたという。ここ西永福に物件が決まってからも、なおもさまざまカレー専門店などを回り、直前まで研鑽に努めた。その末に誕生したのが、この店のカレーライスだ。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

自慢のカレーは4種類。まず辛口の「チキンカレー」(750円)は店の看板メニューであり、リーズナブルな価格で提供しているものの、絶対の自信をもつ一品だ。脇を固めるのは中辛と甘口から選べる「キーマカレー」(850円)と、中辛の「野菜カレー」(1,200円)。スペシャルな一品として、数量限定の「特製ビーフカレー」(1,500円)があり、加えて、子ども向けに甘くした「キッズカレー」がある。少数精鋭に絞って提供しているところが、何とも職人気質を感じさせる。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

今回撮影させてもらったのは、看板メニューの「チキンカレー」。ドロリとしたカレーは普段家庭で口にするようなルウカレーとは見た目から全然違い、玉ネギを中心とした野菜とフルーツのペーストにブイヨンのような旨味を重ね、バランスを取る役目としてスパイスを使っているような印象。企業秘密ゆえ詳細は公開できないそうだが、たっぷりの玉ネギ、トマト、ココナッツミルクが入っていることは確かとのこと。刺激で食べさせる安直なカレーではなく、素材感と味と香りの重なりに満ちた、凝縮感のある一杯だ。これがどこかの名店の真似ではなく、オリジナルというのだから凄い。恐らくチキンカレー以外のカレーも同様にギュッと詰まった逸品カレーとなっているのだろう。ひと口で「あ、これは身体に良さそう」と思わせてくれる滋味深さも魅力だ。食べ終えた頃には、活発になった代謝で汗が引かなくなってしまうほどだ。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

基本的にはランチもディナーもメニューは変わらず、ランチにはサラダとライス大盛りサービスという特典が付く。訪れる人はほぼ9割以上はカレーを食べて帰るが、お酒とサイドディッシュのみの利用でもOKだ。休憩無しの通し営業をしているところも、不規則に働く人々にとっては貴重な存在だろう。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

アンティーク家具が配された店内は壁に赤や青などの差し色をしているが、基本的にはヨーロピアンスタンダードで男女を問わず馴染みやすい。床やテーブルも清潔感があり、誰を招いても喜ばれるに違いない。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

カレー以外で一番のお薦めの品は、注文後に包んで揚げるという「オリジナル揚げギョーザ」(600円)だろう。ご主人は栃木県出身ということで餃子には格別のこだわりを持ち、「揚げ」以外の餃子メニューを置いていない。肌の薄い部分はもっちり、絞った部分はサックリと仕上がった個性的な餃子は、一度食べれば虜となってしまう美味しさだ。隠し味に使ったバターが歩恩とというが、とりあえず、これとお酒を組み合わせればベストパートナーであることは間違いない。そのほかにも、「ジャークチキン」(700円)や「自家製ピクルス」(400円)などお酒に合うメニューは色々とあり、黒板にもその日のお薦め一品料理の名が書き出されるので、カレー以外でも十分楽しませてくれそうだ。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

お酒はワイン、カクテル、ビールなど多彩な品揃えで、カレー屋ではあるがバーでもあるという店の看板通り。ビールは外国産の小瓶も多数あるので、飲み比べて楽しむのもお薦めだ。

カレー&バー スペキエ
カレー&バー スペキエ

「スペキエ」は開店からまだ間もなく、家族で経営している裏道の小さな店なので、まだそれほど大混雑することはない。ただ、この美味しさ、雰囲気、人柄を考えればこれからどんどん有名になるであろう“西永福のホープ”とも言える店なので、早めにチェックし、ご主人夫妻と懇意になっておくのをお薦めしたい。

カレー&バー スペキエ
所在地:東京都杉並区永福3-55-3 山野井ビル1F
電話番号:03-6379-3150
営業時間:11:00~24:00 ※日曜日は21:00まで
定休日:水曜日
https://www.facebook.com/specie.curry



PAGE
TOP