メガネコーヒー

2015(平成27)年のオープンより近隣では数少ない個人経営の喫茶店として注目を集めている「メガネコーヒー」。コーヒー文化の普及、発展に寄与するバリスタ竹日渉さんが、専門学校の講師として次世代のバリスタを育成するかたわら、品質の高いコーヒーをより気軽に楽しめる次世代の“町の喫茶店”として自身のお店をオープンした。

「メガネコーヒー」の内観と竹日渉さん
「メガネコーヒー」の内観と竹日渉さん

オリジナルのお茶目な紙コップも
オリジナルのお茶目な紙コップも

品質の高いコーヒー豆のなかでも、ごくわずかしか流通しないさらに上質なものだけしか取り扱わないというこだわりが光る一方、一杯550円(税込)、二杯目おかわり220円(税込)というリーズナブルな価格で楽しめるのも“町の喫茶店”を謳う同店ならではの魅力だろう。

コーヒーにこだわる竹日渉さん
コーヒーにこだわる竹日渉さん

上質な豆から挽いたコーヒーがリーズナブルに楽しめる
上質な豆から挽いたコーヒーがリーズナブルに楽しめる

喫茶店の定番とも言うべき「ハムサンド」(550円)と「今日のホットコーヒー」をいただいたが、コーヒー豆のもつ本来の美味しさを楽しめるようにとフレンチプレスで丁寧に抽出された一杯は、見た目のとろっとした印象とは異なり、すっきりとした軽めの口当たりに思わず「これはコーヒー?!」と疑いたくなるほどの美味しさだ。

喫茶店の定番「ハムサンド」と「今日のホットコーヒー」
喫茶店の定番「ハムサンド」と「今日のホットコーヒー」

こだわりのコーヒーを丁寧に注ぎ込む
こだわりのコーヒーを丁寧に注ぎ込む

また、無添加の自家製ハムをはさんだ「ハムサンド」も、毎朝お店で焼き上げているという食パンのもっちりふわふわとした食感にファンも多く、それだけで満足感の得られる充実した食事となっている。

毎朝お店で焼き上げる食パンにはファンも多い
毎朝お店で焼き上げる食パンにはファンも多い

店主との会話も楽しめる
店主との会話も楽しめる

カウンター5席、テーブル6席をゆったりレイアウトした店内は、店主との会話も楽しめるおだやかな空間で、バリスタの所作を間近に眺めながらいただくコーヒーもまた格別だろう。

ゆったりとしたレイアウトの店内
ゆったりとしたレイアウトの店内

メガネコーヒー
メガネコーヒー

また同店では“ワークショップ”と称して、コーヒーに関する知識や技術について学べる機会を不定期で設けているようで、専門学校の講師として長年にわたって指導を続けている店主ならではの分かりやすく丁寧なレクチャーを受けられるだろう。詳細についてはHPやfacebookなどのSNSでチェックしてみよう。

「メガネコーヒー」外観
「メガネコーヒー」外観

丸いメガネがトレードマークだ
丸いメガネがトレードマークだ

メガネコーヒー
所在地:東京都杉並区下高井戸3-3-3 
電話番号:03-5374-3277
営業時間:12:00~20:00(土・日曜日、祝日は12:00~18:30)
定休日:不定休※ホームページにて告知
http://megane-coffee.com



PAGE
TOP