瑞鳳山 祥雲寺

瑞鳳山 祥雲寺
瑞鳳山 祥雲寺

天文元年(1532年)、小田原北条氏の重臣で、江戸城主であった遠山隼人正景久公が、吉祥寺の2代目・大州安充大和尚を招いて、和田倉門内に創建。永禄7年(1564年)には、寺院の堂や塔、伽藍が全て完成した。創建者である遠山隼人正景久公は、永禄7年に戦死、瑞鳳院殿月渓正円大居士としてこの寺に葬られている。江戸時代になると、都市計画などで度重なる移転を余儀なくされ、大正時代にようやくこの地に落ち着くことになった。墓地には首切り浅右衛門の異名を持つ山田吉豊の墓があるほか、『サイボーグ009』『仮面ライダー』の作者である漫画家・石ノ森章太郎らが眠っている。また門前には、おうる工房製作「福寿福郎」がある。

瑞鳳山 祥雲寺
所在地:東京都豊島区池袋3-1-6 
電話番号:03-3984-2408



PAGE
TOP