SHOT BAR Blue Bossa

SHOT BAR Blue Bossa
SHOT BAR Blue Bossa

「Barは止まり木です。お立ち寄りください」と丁寧に書かれた温かみのある手書きの黒板。こちら「SHOT BAR Blue Bossa」のオーナーは自ら「Barは止まり木」と語る。都心に出て、一日仕事をし、疲れて帰ってくるサラリーマンやOL達の憩いの場となっているバーだ。

椎名町に住む人たちには「気軽にゆっくりとお酒が楽しめる場所」として愛されている。地元に帰って来て「ちょっと飲みたいな」「会社帰りにちょっと一息ついていこうかな」。そんな気楽に立ち寄ることができる場所が「止まり木」ということだ。

blue-bossa03.JPG
blue-bossa03.JPG

落ち着いた雰囲気の店内は、柔らかな間接照明に彩られており、とても静か。優しく流れるジャズやボサノバのBGMに耳を傾けながら、一人のゆったりとした時間を過ごす人、オーナーとの会話を楽しむ人、過ごし方はその人その人様々だという。

blue-bossa05.JPG
blue-bossa05.JPG

そんなお客さんたちに、オーナーは「いらっしゃいませ」ではなく「おつかれさま。おかえり!」と声をかけるそう。バーカウンターは大きな一枚板で、このお店の看板と言っていいくらい立派なもの。オーナー自ら新潟へ足を運び探し出した、いちょうの木を一枚板に仕上げたもので、大きなバーカウンターとしてメインにディスプレイされている。こちらもある種「止まり木だ」と気さくに笑うオーナー。

SHOT BAR Blue Bossa
SHOT BAR Blue Bossa

そのオーナーは生粋のバーテンダーで、お客さんが何を求め、何を欲しがっているかを一瞬にして見抜き、その日のその人に合わせた会話、接客、お酒を心を込めて提供してくれる。そんな品の良さや大人な空間から女性客が圧倒的に多く、「安心してお酒を楽しめる場所」と人気だ。

カウンターだけでなく中2階にはテーブル席も用意されている。仲間とゆっくりお酒を飲みながら語り合う時間もたまにはいいかもしれない。居心地の良い、敷居の低い、気さくな店にしたい。そんなオーナーの思いがしっかりと根付いた「SHOT BAR Blue Bossa」。今日もこの町で「おつかれ、おかえり!」と、癒しの空間を作って待っていてくれる。

SHOT BAR Blue Bossa
所在地:東京都豊島区南長崎1-18-16  
電話番号:03-5996-1909
営業時間:18:00~翌2:00
定休日:元日





PAGE
TOP