カレーは飲み物。

カレーは飲み物。
カレーは飲み物。

「池袋」駅から徒歩で約10分、飲食店が立ち並ぶ中、これまであったようでなかった新感覚のカレー屋さんが「カレーは飲み物。」である。店内は、カウンターが9席で、まるで食券を黙ってカウンターに置く様子は、どこか頑固おやじのラーメン店に来たような雰囲気だ。ただし、オーナーの壬生氏は親しみやすい人柄で、忙しい中でも話かければも気軽に応じてもらえる。

 

カレーは飲み物。
カレーは飲み物。

メニューは、豚の角煮のようなブロック肉がごろっと入った「黒い肉カレー」と、さらっとしたトマトベースのインド風な「赤鶏カレー」(各790円)の2種類。人気は二分しているものの、最近は暑さのためか、さらっとした「赤鶏カレー」をオーダーするお客様が増えてきたという。

 

カレーは飲み物。
カレーは飲み物。

カレーのルーはお好み次第だが、夏でもパンチのあるお肉をがっつりと食べたい人には「黒い肉カレー」は打ってつけで、食欲が少し落ちたかなという方には、あっさりとした「赤鶏カレー」が食べやすいようだ。サフランライスの量は、大(500g)、中(300g)、小(200g)と3種類選べて、いずれも790円均一料金というのはわかりやすくて安心だ。また、無料で、味付け卵、らっきょう、福神漬け、ポテトサラダ、スライスアーモンド、パクチなどの10種類の中から、好きな3種類をトッピングできるのもうれしいサービスである。

 

カレーは飲み物。
カレーは飲み物。

2食をミックスで頂けないのが残念ではあるが、それでも次回は、「赤い方を、黒い方を食べてみよう」と、楽しみにできるのは同店のよいところ。

 

カレーは飲み物。
カレーは飲み物。

これからもわくわくするようなメニューが開発されるのではないかと期待ができそうな同店のカレー。近隣にあれば一度ならずも、2度3度と訪れることは間違いないであろう親しみやすい街のカレー屋さんである。

※本文内の価格等は掲載時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

カレーは飲み物。
所在地:東京都豊島区池袋2-19-3 1F 
電話番号:03-6912-8823
営業時間 :11:00~、17:30〜(いずれもカレーがなくなり次第終了)
定休日 :年中無休





PAGE
TOP