南雲

目白の隠れ家的日本料理店として名高い、線路沿いの割烹料理店「南雲」。店主はTV番組で「街の巨匠」として紹介されたこともある和食の達人。京都の老舗京料理店で修業した後、料理店の東京初出店に伴い東京へ進出。長年、店長を務めた。現在は専門学校等で講師を務めつつも、自分の店で旬の食材を使って季節感を表現する美しい料理を作る。鯛めしから「鯛中の鯛(鯛の骨)」を取って「良いことがありますよ」と紙に包む気遣いは .....




PAGE
TOP