カプチーニ

カプチーニ/店頭

思いやりを感じさせてくれる、イタリアンである。

カプチーニは、都営三田線西台駅の南側、駅から歩いて5分ほどのところで静かな佇まいを見せている。イタリアの国旗が目印だが、そのひっそりとした印象は、決して「うちはウマいよ!」と自己主張することなく、謙虚さが感じられる。しかしランチタイムのピーク時には、この階段に人が並ぶというから、店が主張せずとも来客者がちゃんと示してくれる、ということだろうか。

カプチーニ/店内

店内は木目調でまとめられており、決して広くはない。しかしワインの在庫棚に並ぶボトルの量には、目を見張る。常時、100種類以上のワインを置いているということだから、かなりの本格派と言っていいだろう。食材もシェフの鈴木淳平氏が厳選し、本場イタリアの食材を取り寄せたり、国内各地から旬の無農薬有機野菜、築地からは天然の鮮魚、フランスからは鴨、イベリコ豚などなど、素材にはとことんこだわっているようだ。

カプチーニ/ランチメニュー

ランチタイムには、A縲廢の5つのセットを毎日用意しており、そのいずれもがサラダとドリンク付きとなっている。他にもお替わり自由のバケットとフォカッチャ、ガーリックトーストやランチビール、ワインなどもラインナップされている。今回はベーコンとちんげん菜のペペロンチーノに、バケットとワインを注文してみた。

カプチーニ/サラダ

まずは、サラダである。ドレッシングもおいしいのだが、何より素材がうまい。食してみて、心が「ほっ」と和ませられる。前述の、旬の無農薬有機野菜にこだわった結果がこういうことなのだろうか。カリカリッとしたかぼちゃからでさえも、その素材のうまさがしっかりと伝わってくるから、驚かされた。

カプチーニ/バケット

そしてこちら、バケットである。外側のカリカリした触感とのギャップを感じさせる、ふわふわとした食感がたまらない。オリーブ油につけて食べるのだが、そのまま食べても全然おいしい。これだけでもガツガツと食べられてしまいそうで、あっという間にお腹がふくれてしまいそうで、メインが入るかどうか心配になってしまった。

カプチーニ/ワイン

注文したグラスワインは、きちんと棚の中から選んでくれたものを、改めて注いでくれたことに好感した。そして、きっちりうまいワインなのである。ただ何となく安いから選びました的な、雑な味わいが一切ない。素敵である。

カプチーニ/パスタ

メインのベーコンとちんげん菜のペペロンチーノである。麺がアルデンテということなのだろうか、歯ごたえがある。いや、歯ごたえというより、もちもち感がスゴい。そしてベーコンやちんげん菜も、やはり素材にこだわったからだろうか、どこか優しさを感じさせてくれるのである。ホンモノは、こうなんだよ、とこちらに語りかけてくれるかのように。

カプチーニ/デザート

デザートは、チョコレートケーキにキャラメル風味のアイスクリーム、それに旬の柿に手を加えたものが並ぶ。ひたすら、おいしい。この言葉につきる。そして、手間がかかっていることが、食べてわかる。涙が出そうになった。

カプチーニ/コーヒー

どうして涙が出そうなほどにおいしいか。それはおそらく、シェフの鈴木氏が手間を惜しまず、ホンモノにこだわり続けている思いがこもっているからなのだろう、と感じた。ホンモノのイタリアンは、イタリアに行かずとも、西台で味わえる。

※本文中のメニュー・価格等は取材時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

カプチーニ
所在地:東京都板橋区高島平1-55-3 
電話番号:03-5398-1042
営業時間:11:00~14:30(L.O.14:30)17:00~21:30(L.O.21:30)
定休日:木曜日





PAGE
TOP