カフェベルニーニ

カフェベルニーニ/焙煎中

ほんとにおいしいコーヒーは、胸焼けは一切しないのだそうだ。

カフェベルニーニ/外観

カフェベルニーニにやってきた。都営地下鉄三田線の志村三丁目駅からほど近く、静かな佇まいの店構えのコーヒー専門店は、中へ入るとテーブル席のほとんどが埋まっている様子がすぐに目に入ってくる。地元の奥さまたちが、午後のひとときをおしゃべりで楽しんでいる、という風情である。そんなひとときを彩るには最高と言っていい、おいしいコーヒーをこちらで味わうことができる。

カフェベルニーニ/店内

店主は、コーヒーマイスターの岩崎俊雄氏である。コーヒーの大手メーカーに長年勤め、10年ほど前にこちらの店で独立されたという。おいしいコーヒーを、家庭でも楽しめるようにと、ペーパーフィルターで抽出したコーヒーにこだわっている。岩崎氏曰く、どんな出し方でもおいしさは変わらない、とのこと。結局、胸焼けするようなコーヒーというのは、豆がよくないのだそうだ。

カフェベルニーニ/自家焙煎機

岩崎氏のこだわりは、いいコーヒー豆を厳選することにあるようだ。驚かされたのは、小さな店内に自家焙煎機がしっかりと置かれていることである。いい豆を仕入れ、自分で焙煎し、それをブレンドして、出す。オリジナルブレンドの味で、その店のコーヒーへのこだわりがわかる、とも岩崎氏は言う。

カフェベルニーニ/ベルニーニブレンド

そのオリジナルブレンドを、さっそくいただいた。名づけて、ベルニーニブレンドである。何とも、さわやかなのどごしである。ひっかかるものが、何もない。するり、とのどを通っていく感覚は、今までコーヒーでは味わったことのないものだった。確かに、豆がいいのだろう。コーヒーが嫌いだという人でも、ぜひ一度飲んでみてもらいたい。

カフェベルニーニ/イタリアンブレンド

違った味を試してみたいとお願いしたところ、今度はイタリアンブレンドなるコーヒーをいただいた。ベルニーニブレンドよりもがつん、とくるのを、とお願いしたら、確かにがつん、ときた。ただ、後味に残るがつん、ではない。飲んだ瞬間にコクがある、とでもいうのだろうか。いずれにしても、何かが残る感じは一切ない。うまい。

カフェベルニーニ/豆販売

取材にうかがっている間、豆を購入しに来るお客さんが立て続けにやってくる光景に触れることができた。近隣にお住まいの方であろうが、もう何度も購入されているのだろう。岩崎氏は注文の品名を聞かずとも、「100グラム」と言われたらもう、その人がいつも購入していく豆をすぐに挽いていく。そんな応対をしてもらえることが、少しうらやましく思えた。

カフェベルニーニ/豆の棚

心からコーヒーが好きな人に入れてもらったコーヒーは、こうも味が違うものか、と感じさせられた。電車を乗り継いででも、もう一度行ってみたくなる名店である。

※本文中のメニュー・価格等は取材時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

カフェベルニーニ
所在地:東京都板橋区志村3-7-1 
電話番号:03-5916-0085
営業時間:10:30~19:00
定休日:火曜日・第1・3水曜日 ※祝日の場合は翌日休み

http://www.caffe-bernini.com/





PAGE
TOP