城北中央公園

「石神井」川沿いの起伏に富んだ敷地に広がる城北地区最大規模の運動公園「城北中央公園」。戦時中の1942(昭和17)年に空襲被害の拡大を防ぐために設置された防空緑地の1つで、戦後の都市公園計画に引き継がれ、1957(昭和32)年に「上板橋緑地」として開園。1970(昭和45)年に現在の名称に変わり、地区住民の暮らしに欠かせない憩いの場として、親しまれている。 運動公園の名に相応しく、軟式野球場2面、 .....




PAGE
TOP