曳舟川親水公園(白鳥三丁目付近)

曳舟川親水公園(白鳥三丁目付近)
曳舟川親水公園(白鳥三丁目付近)

江戸時代の葛飾区は、農業用水が縦横無尽に通る、水と緑の豊かな農業地であった。水戸街道の近くを流れていた「葛飾用水」は、馬と人が舟に縄をかけて曳いていたことから「曳舟川」とも呼ばれていた。開発が進み、曳舟川は、亀有付近から「お花茶屋」駅の近くまでの南北約3kmにわたり「曳舟川親水公園」として整備され、当時の面影を残す憩いの場になっている。3区分に分けられた公園のうち、白鳥三丁目付近は、水遊びができる場所。夏は子どもの遊び場になり、賑わう。

曳舟川親水公園(白鳥三丁目付近)
所在地:東京都葛飾区白鳥3 ほか 
http://www.city.katsushika.lg.jp/institu..





PAGE
TOP