栄寿司

向島で昭和16年、産声をあげた「栄寿司」。ほどなくして店は空襲で消失したため、昭和20年に立石商店街で新たに店を構えることになったという。

以降場所を変えながらも、葛飾区にとどまり、昭和33年には現在の仲見世商店街に「立ち食い寿司専門店・10円寿司の店」としてオープン。その後時代の流れとともに、値段を変えながらも、ネタの鮮度とボリュームはかわらず、下町の江戸前寿司屋として愛され続けている。

栄寿司
栄寿司

店の周りは、大きなガラスの引き戸で囲まれている。窓から中の様子を見て、空席スペースがあったら、そこのドアから入るのだ。引き戸を開け店内へ足を踏み入れると、外の賑やかさに負けることない、元気のいい「いらっしゃい!」の声が出迎えてくれた。

店内は細長いエル字型のカウンターになっていて、壁には所狭しと、ネタとその値段が書かれている。手書きで書かれているのは、旬のネタの数々。季節を先取りするネタたちが「さあ、どうぞ」と誘ってくる。

栄寿司
栄寿司

出されたお茶を飲みながら、何から頼もうかと考える。ここのおすすめは、たっぷりうにが盛られた軍艦巻きと、肉厚のホタテの握り。新鮮なネタもいいが、江戸前の仕事が施された、煮貝やコハダなども人気が高いという。

今回は、季節的にそろそろ終わってしまうアン肝もある。次のシーズンになるまでお預けになってしまうので、今のうちに食べておきたい。思いつくままにお願いすると、カウンターに次々と寿司が並べられていく。

栄寿司
栄寿司

ホタテはひと口で収まりきらないほど大きく、そして瑞々しく、口いっぱいに甘みが広がる。

また、リーズナブルな料金設定なので、普段は手を出すこともない、大トロ、中トロといったネタもここならば気軽に頼める。おかげで、高級ネタの食べ比べも楽しむことができる。

P1010277.JPG
P1010277.JPG

評判のウニは、軍艦巻きからこぼれ落ちそうなほどたっぷりとのせられ、重量感を感じるもの。トロっとした甘みがたまらない。口の中に放り込まれたウニを噛み締めれば、幸せな気持ちに包まれる。

栄寿司
栄寿司

向こうに座ったお客さんのため、目の前のネタケースからネタがどんどんと切り分けられ、小さくなっていく。これを見てしまうと、負けじとこちらも「じゃあ次はカツオで」と声をかけてしまう。

でもここは立ち食い寿司。間違ってもビールを何本もあけながら食べる、という所ではない。好きなネタと旬のネタを織り交ぜながらいくつかつまんで、きっぱりと「お勘定お願い!」の世界。

下町の名店では、美味しく頂きながら、江戸の粋にひたることもできるのだ。

栄寿司
栄寿司

栄寿司
所在地:東京都葛飾区立石1-18-5 
電話番号:03-5698-2040
営業時間:12:00~20:00
メニュー例:にぎり…1貫100円~300円





PAGE
TOP