アジアンロード

アジアンロード
アジアンロード

中華料理の職人だった店主が平成15年に満を持して開店した「アジアンロード」。ここは、和食と中華を基本にしたアジアンテイストなお店だ。店内はテーブル席、カウンター席、座敷の計36席が用意され、席と席の間に広めのスペースをとっており、ゆったりとくつろげる空間を演出している。ランチとディナーで照明の明るさを調節するなど、細部にわたりお客さんに心地よい時間を過ごしてもらえるような配慮も嬉しい。

アジアンロード
アジアンロード

客層はファミリー、カップル、年配の方まで幅広い。老若男女に支持されている店なのだ。

「お客様にウチの店を選んでいただけるように、常に最大限の努力をしています」と語る店主。その力強い言葉どおり、席間のスペースも然り、どんな些細なことでも常にお客さん目線に立ち、いかに喜んでもらえるかを常に考えている。

「初めて来られたお客さんでも、お顔は忘れないようにしています。ですから、どなたにどの料理を提供したかは、ほぼ覚えています。」という言葉にもその姿勢を感じることができるだろう。

コース料理は店主がお客さんの好みに合わせて変えていくため、最初はアラカルトメニューから選んでいた人でも、次第とコース料理しか頼まなくなるという。これも、お客さんを第一に考え、お客さんの好みを的確に見抜いているからこその結果だろう。

アジアンロード
アジアンロード

食材は毎朝築地に仕入れに行き、その場で厳選しているとのこと。そのため、定番メニューはつくらず、時季に応じて旬の食材を生かした料理を提供するように心がけている。

壁に貼られている、おすすめメニューを眺めると、やはり築地から仕入れた新鮮な魚介系が中心。「島らっきょう 天ぷら」、「ふぐ白子天ぷら」、「スミイカの刺身」、「はまぐり塩味煮ガーリック風味」など、メニューを見るだけで食欲がそそられ、注文するのにも一苦労してしまいそうだ。

1 2 




PAGE
TOP