一之江ひだまり公園

一之江ひだまり公園
一之江ひだまり公園

「一之江ひだまり公園」は、都営地下鉄新宿線「一之江」駅西部地区の土地区画整理事業によって整備された3カ所の公園のうち、最大の面積を有している公園である。

周囲に柵がなく開放的な雰囲気の園内は、遊具広場・芝生広場・水辺空間という形でデザインされており、芝生が広がる中にせせらぎとビオトープなどを使って、かつて小川が流れて田園が広がっていた一之江地域の原風景が表現されている。

せせらぎの水は雨水貯留施設より供給され、ポンプの電源には太陽光発電を活用。水辺の周囲には太陽光と風力で発電するハイブリッド照明が3基設置されているなど、自然エネルギーの活用も積極的に取り入れている公園だ。

一之江ひだまり公園
所在地:東京都江戸川区一之江7-69 





PAGE
TOP