新川さくら館

江戸川区を流れる新川は、もとは江戸時代に、徳川家康が現在の千葉県行徳市から江戸の街へ塩を運ばせるために開削した運河。かつて物資を積んだ船が行き交い、川沿いに商店が並んでいたエリアには、現在、江戸川区の主導で「新川千本桜」計画が進んでいる。その中心部にある「新川さくら館」は、江戸時代から続く新川の歴史などを紹介するとともに、多目的ホールや集会室、川沿いを散策する人の休憩所などを提供する複合公共施設。 .....


PAGE
TOP