TEPATOMOKA(テパトモカ)

「TEPATOMOKA(テパトモカ)」「立川」駅北口から、北口大通り沿いを歩くこと約7分

かわいらしい響きの店名は、逆から読むと「鴨とパテ」。その名の通り、伝統的な技法を駆使したパテと美味しい鴨料理が自慢のビストロだ。旬の食材を使った本格フレンチを、気取らずくつろげる雰囲気の中味わえるとあり、学生からファミリー、お年寄りまで、幅広い世代が訪れる。

アンティーク家具を配した温かく迎え入れてくれる店内

スペシャリテは「茨城西崎ファームのかすみ鴨」と「パテ アンクルート」。放し飼い・無農薬の農場で育った「かすみ鴨」はチェリバレー種という品種で、鴨特有のにおいが少ないのが特徴だ。脂身もそれだけで美味しく食べられるほどで、噛むほどに旨みが広がる。ガラと香味野菜から作ったジュのソースが、ローストされた「かすみ鴨」の味わいを一層引き立てる。

「茨城西崎ファームのかすみ鴨 ジュのソース」ハーフ(100g)1,800 円(税抜)

「パテ アンクルート」は、仔牛と豚肉をベースに、フォアグラやレバーなどから作ったパテをパイ生地で包んで焼き上げたクラシカルな一品で、ドライイチジクとピスタチオがアクセント。生地づくりには料理人の経験と技術が必要だそう。この一品から、お店のメニュー全体のレベルの高さを垣間見ることができる。

ワインはセラーに入って選ぶことができる

また、厳選されたナチュラルワインも人気だ。店内にはワインセラーがあり、ジャンル別に並ぶワインの中から好みのものを選ぶことができる。時期によって異なるが、およそ200~300種類ものワインが並ぶので、迷う方も多いはず。そんな時に頼りになるのが、シニアソムリエの資格を持つ店長。豊富な知識から、気分や料理に合うワインを提案してくれる。

「パテ アンクルート」1,100円(税抜)

TEPATOMOKAでは、パテやテリーヌ、シャリュクトリーを中心とした惣菜のテイクアウトも受け付けている。自宅で本格的なフランス料理を味わえるのは、小さなお子さまがいらっしゃるファミリーや外出が難しい方に嬉しいだろう。季節に合わせたメニューもラインナップ。年末年始にはクリスマスオードブルやフレンチおせちも用意している。要望に応じてアレンジしてくれるそうなので、店長をはじめ、笑顔が素敵な店員さんに気軽に相談してみよう。

TEPATOMOKA(テパトモカ)
所在地:東京都立川市高松町3-14−13 ボヌール立川1F
電話番号:042-512-7420
営業時間:ランチ 12:00~15:00
     ディナー 17:00~23:00
https://social-epice.com/tepatomoka/top/





PAGE
TOP