玉川上水緑道(小川橋付近)

江戸時代に町民の生活用水を確保するため、玉川兄弟によって引かれた玉川上水。多摩川羽村から四谷大木戸まで約43kmあった上水は、現在でも大部分が残り、一部は暗渠化され「玉川上水緑道」に整備されて、市民に緑の潤いを提供している。   暗渠の上の緑道は立川通りと交差する小川橋付近からは、上水から分岐した「小川用水」が流れる。この用水には、玉川上水に沿って延びる明治時代の地下送水管により多摩川源 .....


PAGE
TOP