ブーランジェリーNARUI(ナルイ)

ログハウス風の「ブーランジェリーNARUI(ナルイ)」外観
ログハウス風の「ブーランジェリーNARUI(ナルイ)」外観

東八道路沿い、小田急バス「天神前」バス停前に建つウッディーな一軒家が目に入る。2013(平成25)年10月にオープンした「ブーランジェリーNARUI(ナルイ)」だ。店先には、自転車置き場とペットをつないだり小物を置くスペースがあるので、散歩やお出掛けついでに訪れるのにぴったり。

木の香りと香ばしい小麦の香りいっぱいの店内
木の香りと香ばしい小麦の香りいっぱいの店内

店内には、ハード系、デニッシュ系、食パン、サンドイッチなど、幅広い種類のパンが並ぶ。毎日お昼過ぎまで、140~150種類(季節商品含む)を順次焼いている。平日は幼稚園帰りの方など近所の方、休日にはその味を求めてわざわざ遠くから足を運ぶお客さんがいらっしゃるという。お店の近隣に駐車場が2台分あるので、車で来るのも便利だ。

140~150種類のパンがずらりと並ぶ
140~150種類のパンがずらりと並ぶ
パンには、自家製酵母のほか、小麦では「黄金鶴」(北海道)、「メルベイユ」(フランス)、「メールダンケル」(ドイツ)といった小麦を使い分けているほか、栃木の「美珠卵」や沖縄の塩「シママース」など厳選した素材を使用している。地元の食材を生かしたパンもあり、「三鷹産野菜のサンド」は週替わりで三鷹産の旬の野菜を具に使用している。そのほか「ブーランジェリーNARUI」のパンは先までぎっしり入っている「チョココロネ」や自家製クリームが素朴な甘さの「クリームパン」など、どれも具だくさんで、しっかりとした味わいがあるのが特長だ。

「天神前ビーフカレーパン」と「ホシノ天然酵母の食パン」
「天神前ビーフカレーパン」と「ホシノ天然酵母の食パン」

人気商品は、お店のある地域名を冠した「天神前ビーフカレーパン」と各種食パン。「天神前ビーフカレーパン」は、薄めでカリッと挙げられた生地の中に、ぎっしりと旨味が凝縮されたルーと3日間煮込んだ大きな肉がゴロゴロと入っている。食パンは、湯捏ね、玄米、天然酵母、ホシノ天然酵母食パン、レーズンの5種類があり、一番人気の湯捏ね食パンは、1日3回(7時、9時、16時半)焼き上げる。

定休日明けや週末は早めに売れ切れてしまうため、お出かけ帰りに寄られるお客様などは予約をされる方が多いという(電話でも可)。パンは開店から14時くらいまで順次焼き上げていくので、時間帯により品揃えが異なり、選ぶのが楽しい。

ブーランジェリーNARUI(ナルイ)
所在地:東京都三鷹市牟礼7-1-27 
電話番号:0422-26-6035
営業時間:7:00~19:00
定休日:月・火曜日
http://narui.hatenablog.com/





PAGE
TOP