井中居(いちゅうきょ)

竹林に包まれる明治時代の古民家を改装した、器や家具などを展示するギャラリー兼懐石料理店「井中居」。「いちゅうきょ」と読む。「井の中の蛙大海を知らず」の諺をもとに、世間から離れて井戸の中のような空間でくつろいでほしい、という思いを表現している。100年余りの歳月を重ねた建物ならではの趣きある空間を彩る料理は、旬の食材を使う月替わりの懐石料理。器から盛り付け、味付けに至るまで、大海から離れてくつろぐひ .....


PAGE
TOP