一の宮渡し

府中市四谷と対岸の多摩市一の宮との往来のために明治13年に設けられていた渡しで、当時一の宮村が管理していたことから、その名がついた。昭和12年の関戸橋の開通まで、一般の往来に至るまで市民の足として渡し船が使われていた。また幕末の地誌「新編武蔵風土記稿」によると、中河原と一の宮を結ぶ渡しがあったという記述が残っている。

一の宮渡し
所在地:東京都府中市四谷1-63 西府緑地内





PAGE
TOP