武蔵府中熊野神社古墳

武蔵府中熊野神社古墳
武蔵府中熊野神社古墳

国指定の史跡「武蔵府中熊野神社古墳」は、国内最大・最古にして、全国で5例しかない希少な「上円下方墳(じょうえんかほうふん)」。3段構成の古墳は、高度な石組み技術により石室が造成されていることや、鉄地銀象嵌鞘尻金具などの副葬品が出土したことなどから、当時の中央政権と密接な関係を持つ有力者の墓であったと考えられている。古墳は保存整備工事が施されて、豪族が武蔵国で活躍していた1350年前の姿が蘇り、南側の展示館で内部構造などを分かりやすく説明している。

武蔵府中熊野神社古墳
所在地:東京都府中市西府町2-9 
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/bunka/bu..





PAGE
TOP