分倍河原駅

府中市のほぼ中央にある「分倍河原」駅は、JR南武線と京王線がほぼ直角に交差する、2社共同使用の乗り換え駅。南武線も京王線も、特急含むすべての車種が停車する、ターミナル駅でもある。駅の開業は、京王線のほうが先で、大正時代の開業。JR南武線は昭和に入ってから。駅名の由来は、鎌倉時代の武将・新田義貞と北条泰家が戦った「分倍河原古戦場」にちなんだもの。駅前ロータリーにある新田義貞の像がそのことを物語る。分 .....




PAGE
TOP