白糸台掩体壕

白糸台掩体壕
白糸台掩体壕

調布市の史跡である調布飛行場は、第二次大戦時に旧陸軍の飛行場として使われたところで、周辺には、戦争に関連する施設が遺されている。そのひとつが、車返団地交差点の近くにある「白糸台掩体壕」。陸軍の戦闘機を空爆から守るための格納庫として使われた防空壕で、「えんたいごう」と読む。飛行場周辺で現存する掩体壕のうち、一般の人が見られる場所にあるのはこの白糸台の壕のみ。府中市では戦争の悲惨さを語り継ぐ存在として、市の史跡に指定し、大切に保存・整備している。

白糸台掩体壕
所在地:東京都府中市白糸台2-17 





PAGE
TOP