『ブリシア調布』は、京王線「調布」駅からフラットアプローチで徒歩12分。「調布」駅からは、ターミナル駅の「新宿」駅や「渋谷」駅へも好アクセス。公共施設や病院がコンパクトに揃う「調布」駅前は、再開発により駅直結の複合商業施設「トリエ京王調布」や「ビックカメラ京王調布店」が誕生し、ますます発展を続けている。また、多摩川をはじめとした自然も豊かで、どの世代にとっても暮らしやすいエリア・調布。本記事では、『ブリシア調布』に暮らす、シングル・DINKS・ファミリーのライフスタイルを少しずつご紹介します!


 

おしゃれも自然も満喫したい!アクティブなシングルの休日

 

12:00 ランチ

ご近所の人気ベーカリー「RESSAC」でランチ。おしゃれな店内ではイートインができるので美味しいパンの香りに包まれながら優雅に昼食を楽しむ。ほかにも、「調布」駅前のイタリアン「Barry’s」やタイ料理の「オーキッド キッチン」などグルメなお店が多く、近所の友人を呼んで出かけたり、一人でも外食の楽しみも豊富。

【information】
RESSAC(ルサック)
営業時間:火木土 12〜19時 (完売次第閉店)
https://www.instagram.com/ressac_boulangerie/?hl=ja


13:00 多摩川をサイクリング

天気の良い週末は、川沿いを散歩するのがお気に入り。スポーツを楽しむ人やウォーキングをする人たちでいつも賑わっている。春は桜堤通の桜、夏は「調布花火大会」など、季節を感じられるスポットだ。

【information】
多摩川「映画のまち調布花火」
昭和57年から、夏の風物詩として親しまれてきた。音楽と花火がコラボレーションし、10,000発以上の花火が夜空を彩る「ハナビリュージョン」も新たな名物となっている。
https://hanabi.csa.gr.jp/


 

15:00 カフェでひといき

コーヒー専門店「いづみ」でひと休み。駅から近いのに店名表示がなく、隠れ家のような雰囲気で落ち着ける。シンプルで洗練された空間で飲む、こだわりのコーヒーは、息抜きにぴったり。平日は朝7時から営業しているので、仕事の出勤前に寄ってコーヒーと読書を楽しんだり、有意義な時間を過ごせる場所。

【information】
いづみ
営業時間:07:00~18:00(木~火) 10:00~18:00(土日) 水曜定休


16:30 「トリエ京王調布」・「調布PARCO」でお買い物

A館からC館まである大型の「トリエ京王調布」は、「調布」駅の再開発で誕生した駅前商業施設。「調布PARCO」も再開発の際にリニューアルし、更に使いやすくなった。洋服や雑貨だけでなく、書店や便利な「ハンズ ビー」もあって、友人へのちょっとしたプレゼントも身近な場所で購入することができるので重宝している。レストランフロアも充実しているので、買い物ついでに夕食を食べて帰ることも多い。

【information】
・トリエ京王調布
https://trie-keiochofu.jp/index.html
・調布PARCO
https://chofu.parco.jp/


 

「調布駅」前で待ち合わせ!DINKSの充実した仕事終わり

 

18:00 仕事終了、「調布」駅へ

ふたりとも、「調布」駅を使って通勤している。「新宿」駅や「渋谷」駅まで15分程度のため、毎日の通勤だけでなく週末に遊びに行くのもスムーズ。今夜は、お互い早めに仕事を切り上げて「調布」駅前で待ち合わせ。

【information】
調布駅
「調布」駅は、2025(令和7)年度完成を目指し、駅前広場の拡張など都市インフラ整備が進められている。鉄道・バスの拠点として、今後さらに便利になることが期待される。


18:30 「イオンシネマ シアタス調布」で映画を

今日はふたりで楽しみにしていた映画の公開日。「調布」駅からすぐのところに映画館があるので、仕事終わりにこうして旬な映画を気軽に楽しむことができる。「映画の街」と呼ばれる調布は、映画にまつわるイベントや施設が充実しているため、調布に住んでから映画を観る機会が増えた。文化を身近で楽しめるのも調布の魅力のひとつだ。

【information】
シアタス調布
営業時間:8:00~24:00
https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/


21:00 レストランで夕食を

映画を楽しんだ後は、「シアタス調布」からすぐのところにある「カンテラ 調布店」でピザを食べることに。ここは、本格的な石窯ピザを味わうことができる、人気のイタリアンレストラン。テラス席もあり、開放的な店内が特徴的だ。映画の感想を語りながら、ワインも一杯。


 

22:00 スーパーでお買い物

帰り道は「西友」で食材を買う。「西友」は24時間営業なので、今日のように少し遅くなってしまった日でも、時間を気にせず買い物をすることができる。調布には他にも、「東急ストア」や「オーケー調布店」など、大型スーパーが揃っており、普段使いの買い物施設も選択肢が豊富だ。

【information】
西友
営業時間:年中無休・24時間営業
https://www.seiyu.co.jp/


土日はどこに行こう?子育て家族の週末ライフスタイル

 

平日 17:00 保育園にお迎え

娘のお迎えは、夫と分担している。今日は私の担当なので、娘が通う「皐月保育園」にお迎えに。昭和26年開設という歴史ある保育園で、閑静な住宅街に位置している。自宅の『ブリシア調布』から歩いて徒歩5分というのも嬉しい。広い園庭と遊具も充実しており、自然の中で思い切り遊び、豊かな感性と健康な体づくりを心がけた保育が特徴。

自宅から歩いてすぐのところに通学区の小学校があるので、将来的にも安心だ。

【information】
皐月保育園
開所時間 : 07:00~20:00
入所定員数:130名
http://www.satukihoikuen.com/


平日 17:15 「東急ストア」でお買い物

娘と一緒に、駅前の「東急ストア」に夕飯の買い物へ。「サンドラッグ」や「ダイソー」も揃っているので生活用品を買いそろえるのに便利なスポット。娘と同じ幼稚園のママ友にばったり会ったので少し立ち話も。少し買いすぎてしまったが、帰り道は安心のフラットアプローチなので楽ちん。

【information】
東急ストア
営業時間:9:00~21:00※一部専門店は除く
https://www.tokyu-store.co.jp/shop/detail.html?pdid=73


休日 7:30 起床、お出かけの準備 

午前中は、夫が子供を連れて「プレイセンターちょうふ」の「パパプレ」に行くとのこと。土曜日は、お父さん向けにプレイセンターが企画をしていて、娘も夫も楽しみにしていた。調布は子連れで行ける施設が充実しているので、休日の子育ても夫婦で分担できている。

【information】
プレイセンターちょうふ
営業時間:9:00~17:00
https://www.shiragumo.com/playcentre/


休日 12:30 ランチ

お昼は、ママ友たちと「aona」で集合してランチをすることに。「aona」は、調布の子育て支援NPO法人が運営するカフェで、子連れでも気兼ねなく行くことができる。子ども向けのメニューも充実しており、親子で食事を楽しむことができる。その後は、皆で「京王調布トリエ」のC館に行き、広場で遊ぶ子どもたちを見守りながらコーヒーで休憩するのが最近の楽しみだ。

【information】
aona
営業時間:店内飲食 11:30~14:00
https://cafeaona.jimdofree.com/


それぞれのライフスタイル

  • 調布は、ここでは紹介しきれないほど、生活施設が充実している。
  • アクセス・買い物施設などの利便性と、多摩川や公園などの自然が共生する豊かなエリアだ。
  • まだまだ再開発が進む調布。ここに誕生する『ブリシア調布』からも目が離せない。