玉川上水緑道(上水本町付近)

玉川上水緑道
玉川上水緑道

江戸時代、幕府は江戸に住む人々の飲料水を補うため、多摩川の水を江戸に引くことを計画。1653(承応2)年頃に、取水口である多摩の羽村から四谷まで43kmにおよぶ玉川上水が完成した。一部区間はいまも水道施設として活用されているが、福生市の平和橋から、昭島市、立川市、小平氏、三鷹市、武蔵野市を経て、杉並区の浅間橋まで続く約24kmの区間は「玉川上水緑道」として整備。昔の面影を残した緑あふれる癒しの空間で、現代では人の心を潤している。

玉川上水緑道
玉川上水緑道

上水本町付近は、「鷹の台」駅から東に向かって歩くのがおすすめ。左手に「小平中央公園」「津田塾大学」「国立一橋大学小平国際キャンパス」らが並び、緑道の落ち着いた雰囲気をさらに高めている。このあたりには玉川上水に沿って北側を流れる「新堀用水」も見ることができる。

玉川上水緑道
玉川上水緑道

周囲は松や杉に加え、クヌギやコナラ、サクラやケヤキも多く植えられている。またかつて、小平市御幸町にある「海岸寺」付近の小金井橋を中心に約6km、玉川上水の両岸には2,000本余りもの桜が植えられており、江戸時代から関東髄一の桜の名所「小金井桜」として知られていた。現在では保存・復活の取り組みが行われており、「国立一橋大学小平国際キャンパス」近くの小松橋付近から、「国土交通大学校」付近の山家橋まで、「玉川上水ヤマザクラ並木」として散策する人の目を楽しませてくれている。

玉川上水緑道(上水本町付近)
所在地:東京都小平市上水本町 ほか 
http://musashinoparks.com/kouen/tamagawa..





PAGE
TOP