武蔵国分寺跡 尼寺地区

武蔵国分寺跡 尼寺地区
武蔵国分寺跡 尼寺地区

奈良時代中期の741(天平13)年に、聖武天皇と光明皇后の命によって、全国60余国に国分寺と国分尼寺の建立が始まった。

この武蔵国では、東山道武蔵路をはさむ形で東側には武蔵国分寺、西側には武蔵国分尼寺が建立されたが、その西側の史跡エリアが「武蔵国分寺跡 尼寺地区」だ。現在は一部が史跡公園として整備されており、かつてあった両寺院の間を府中街道とJR武蔵野線が通過している。

国分尼寺に関しては、これまでに中門跡、金堂跡、尼坊跡、尼坊付属施設跡、築地塀跡が検出されているが、鐘楼、経蔵、南大門などの位置は分かっておらず、伽藍配置ははっきりとは判明していない。

武蔵国分寺跡 尼寺地区
所在地:東京都国分寺市西元町4-1 ほか
電話番号:042-300-0073(ふるさと文化財課)
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/shise..





PAGE
TOP