国立本店

どこかの店の「国立本店」ではなく、「国立」の街と「本」をつなぐ「店」でありたいという理念をそのまま店名にした「国立本店」。「店」ではあるが、本を販売している日は少ない。専らの使い方、使われ方としては、「誰でも気軽に立ち寄れる街の居場所」。国立市内でフリーペーパーや書籍などを企画・制作している団体「ほんとまち編集室」が、もともとはシェアオフィス兼デザイン系の書籍を販売する店舗として始めた。現在も店舗 .....


PAGE
TOP