亀塚古墳

亀塚古墳
亀塚古墳

「亀塚古墳」は、古代豪族の墳墓である古墳が数多くあり、『狛江古墳群』と総称される都内でも有数の古墳群を持つ狛江市内でも、全長40メートルという最大級の規模を誇る古墳だ。また唯一の帆立貝型前方後円墳でもあり、5世紀末~6世紀初頭に造られたものと考えられている。

1951年(昭和26年)から本格的に発掘作業が行なわれ、神人歌舞画像鏡や金銅製毛彫金具など豊富な副葬品が出土したものの、現在は住宅街に囲まれ、直径10メートルほどの小さな山の上に記念碑だけが残るだけになっている。

亀塚古墳
所在地:東京都狛江市元和泉1-21 
https://www.city.komae.tokyo.jp/index.cf..

狛江市のitot




PAGE
TOP