kura-cafe(クラカフェ)

各県のアンテナショップは首都圏にも多数あるが、「kura-cafe」は全国の小さな町の“ファンづくり”を応援しているアンテナショップである。オープンのキッカケは、「kura-cafe」がある横浜市鶴見区の友好都市である福島県棚倉町の風評被害を払拭するため、横浜の港南台を拠点としたコミュニティカフェで10年以上の実績を持つ(株)イータウンが運営に当たることとなった。

同店のコンセプトは、「地方の町を応援するファンをつくること」「地方の生産者と都市の消費者をつなぐこと」「地元・鶴見のコミュニティを活性化すること」。取扱商品は、福島県棚倉町・会津町を中心とした特産品のほか、現地の「道の駅」でしか売っていない希少な商品や、首都圏には卸していない規模の小さな業者の商品も扱っているので、首都圏では「kura-cafe」でしか手に入らないものも少なくない。

さらに、地方の特産品を単に販売するだけでなく、商品(物)から人への交流に輪を広げ、生産者や各地域をつなぐ架け橋としての役割も果たしている。商品を購入されたお客様からの声を拾い、生産者の方々にフィードバックするなどして、次の商品開発につなげる取り組みにも力を注いでいる。

福島県棚倉町・西会津町の魅力を伝えるべく、生産者の方たちとの「交流会」や、年に3回は生産地へのツアーも実施しており、スタート当初は10名足らずだった参加者も、現在はツアーの受付開始3日で定員人数が埋まったほどの盛況ぶりだ。「kura-cafe」の活動や想いが、周辺地域の人たちにも認知されつつあることの証と言えるかもしれない。中には、個人で現地を訪問するほどのファンも生まれたという。

「kura-cafe」はJR「鶴見」駅西口から徒歩約10分の場所にある「レアールつくの商店街」のアーケードをくぐって約1分の場所にある。販売スペースだけでなく、店内の商品をゆったりと眺められるカフェコーナーも設けられている。ドリンクメニューをオーダーして、「レアールつくの商店街」で購入した食べ物などをその場でイートインすることも可能。まずは、買い物帰りの休憩として気軽に立ち寄り、「kura-cafe」ならではの商品や人との出会いにふれてみてはどうだろうか。

kura-cafe(クラカフェ)
所在地:神奈川県横浜市鶴見区佃野町25-2 
電話番号:045-574-3317
営業時間:10:00~18:00
定休日:日・月・木曜、祝日(※祝日も営業の場合あり)
http://kura-cafe.sakura.ne.jp/





PAGE
TOP